カメラ日記 「ほっとたいむ」

ピーマンの葉の佃煮 に関する記事です。
大根の種まきの準備のため、まだたくさん実をつけていたし、花もいっぱい咲いていましたが、
ピーマンを撤去しました。肥やしの効いたいたピーマンの葉を佃煮にしました。唐辛子の葉の佃煮は食べますが、ピーマンの葉の佃煮は食べたことがありませんでしたが、やわらかくて結構いけます。
作り方
 葉は洗い、水分を切る。多目の油を熱し、葉をいためる。
 だしの素、酒、みりん、醤油をいれて煮詰める。 ただこれだけです。

pi.jpg

こちら もご覧ください。

拍手する

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/03/03(土) 17:12 | | #[ 編集]
Re: ピーマンの葉のつくだ煮の写真借用のお願いです
> 「カメラ日記:ほっとたいむ」管理人様
>
> はじめまして。
>
> 出版社で農文協(正式名:社団法人農山漁村文化協会)の田中と申します。
>
> 現在、長野県千曲市から野菜づくり技術の伝承察しの作成を依頼されて進めておりますが、その中の「ピーマン」の項目で、ピーマンの葉のつくだ煮のことを取り上げたいと思っております。
>
> つきましては、貴台の撮影されたつくだ煮の写真をお借りしたく存じます。よろしければブログにアップされている写真をダウンロードして使いたいと思いますが、よろしいでしょうか。
>
> ご許可賜りたく存じます。
>
> 当然、出来上がった冊子(A4判、96頁)は1冊お送りすると共に、御礼として「ポケット版 田んぼの生きもの 植物編」と「同 動物編」(ともにポケットサイズ、48頁、300円)をお送りいたします。
>
> 何とぞよろしくお願いします。
>
> 田中 克樹
> E-mail:tanaka-k@mail.ruralnet.or.jp
> 社団法人 農山漁村文化協会 編集局
> 〒107-8668 東京都港区赤坂7-6-1
> Tel.03-3585-1144 Fax.03-3585-3668
> 農文協ルーラルネット http://www.ruralnet.or.jp/


辻 早苗と申します。
大変返事がおくれましたので、もう必要でないかもしれませんが、ピーマンの葉の佃煮の写真、よろしければ
お使いください。

564-0013 吹田市川園町61-13-901
Mail kion.t@nifty.com
url http://fry.quu.cc/
2012/03/24(土) 12:26 | URL | sanatyan #uXov7dVw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fry928.blog54.fc2.com/tb.php/81-90ec841a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック