カメラ日記 「ほっとたいむ」

ブログを統合しました に関する記事です。
ブログを統合しました。備忘録の意味で書き留めました。
●ピントを固定する
  通常はシャッターボタン半押しでピントを合わせ撮影しますが、被写体がいずれの
  フォーカスポイントにも入らない場合や、オートフォーカスが苦手な被写体を撮影する場合に
  ピントを固定して撮影するとよいです。
  シャッターボタンを半押しして、"AE-L,AF-L"ボタンを押し続けるとシャッターボタンから
  指を放してもピントと露出が固定されます。

  nikon.jpg

  露出の固定で何枚か撮影して適切な露出の写真のF値とシャッター速度を記憶(インフォ画面で確認)し、
  マニュアルモードでF値とシャッター速度を入力して撮影する。

●イルミメーションを撮影する
  この時期あちこちでイルミメーションを撮影することができます。
  ①絞り値は解放 : F値を小さくする。イルミメーションに近寄り、三脚を立て、奥にあるイルミネーションに
  ピントを合わせて手前のイルネーションをぼかす。
  補正:黄色は+。赤は-。
  ②丸ボケ     : F値を小さくする。イルミネーションを背景にし、手前のいるにネーションにピントっを合わす。
  ③夜の街ぜんたいの撮影は明るめに、特定のイルミネーションの明かりをしっかり撮りたいときは暗めで。
  ④点光線を撮るときはF値を8~12くらいに絞る。
  ということで私も撮ってみました。が思ったようには撮れませんでした。

●パンフォーカスの撮影(モリのカメラノートより)
  手前から奥までピントが合った写真を撮るには
  ①広角レンズを使用する。(ズームレンズでは広角側で)
  ②被写体から離れる。
  ③F値は8~16 にする。
  このことを念頭に置いて、梅宮大社の撮影です。
  SAN_4250.jpg

●「AE-L.AF-L」 ボタンの便利な機能
  今までこのボタンはあまり使っていませんでした。というのも指が短いので親指が届きにくい点です。、
  しかしメリットがありそうなので工夫して使ってみたいと思います。
 ・親指AFの使い方
  AE-L,AF-Lボタンを押してピントを合わせる。

  半押しAF起動を「しない」に設定するか、「AE-L,AF-Lボタンの機能を「AF-ON」にすることで
  自動的にオフになるものもある。

 ・置きピンの方法
  1、半押しでピントを合わせてシャッターチャンスを待つ。
  2、オートフォーカスでピントを合わせ、AFモードスイッチをMに切り替える。
  3、親指AF--AF-ONボタンを押したときだけにピントをあわせる。シャッターボタンで
オートフォーカスがきかなくして撮影。

多重撮影

 ・多重撮影の練習です。
  カメラの設定ですが、
  重ね合わせた画像の露出が適正になるように自動で補正してくれる機能があります。
  例えばニコンでは[自動ゲイン補正]、この機能はONにしておく。
  
  1枚目はシャープに、2枚目はふんわりと。

  丸ボケの作り方は簡単で、オートフォーカスは使わずに自分でピントリングを回すマニュアル
  フォーカスで光が丸くボケるところを探して、そこでシャッターを切ります。
  高くそびえている木を見上げるようにすると丸ボケを探しやすいですが、太陽の光を直接見て目を
  傷めないように注意。

  オートブラケットに設定すると機能しない。

  SAN_5080a.jpg 
  SAN_5085a.jpg

  パンジーと白いいちごの花を撮りました。

●夕焼け
  ホワイトバランス    くもり  日蔭   にしてみる
  露出補正を下げる    (-)  赤くならない時

●夜景
  ISO 感度 を上げる        1600
シャッタースピードを遅くする  6秒~10秒
  三脚使用
  ホワイトバランス        くもり  白熱球  などにしてみる
  丸ぼけ  F値を小さく     開く      
   
●DXレンズをフルサイズカメラで使用
  DXフォーマットのレンズはFXフォーマットでは正常に画像が表示されないので使用できないと聞いていましたが、
  大発見です。
  マニュアルを見ていて
  DSC02030s.jpg

  "MENU"で撮像範囲を選び”撮像範囲設定”で DX (24×16) 1.5x を選択すると、DX レンズが使えます。
  これは一般常識かもしれませんが、知らないということでFXフォーマット用のレンズを新しく買い替えて使用していました。

  損をしたような得をしたような!
 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fry928.blog54.fc2.com/tb.php/476-6e4d708e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック