カメラ日記 「ほっとたいむ」

コンパクトデジタルカメラと一眼レフデジタルカメラの画素数 に関する記事です。
最近ではコンパクトデジタルカメラでも画素数2090とか、一眼レフデジタルカメラと変わらない数字で表示されているのをみます。確かに撮った写真はピントはしっかり合うし、大きいカメラは必要ないのではと思いがちです。
違うんです。 

SCN_0001-2.jpg

これはある写真クラブでいただいた資料です。 

◎  撮像素子が大きいと  ・・・  解像度、感度、ダイナミックレンジ、ノイズといった画質を
左右する性能が高くなります。又、ピントが合う範囲が狭くなり、美しいボケを生かした表現が可能になります。

◎  画素数が多いと  ・・・・・・  解像度が高いきめ細やかな画質を得ることができますが
撮像素子が同じまま高画素になると1画素あたりの受光 面積は小さくなり、ノイズがでやすくなります。 
  
ということです。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fry928.blog54.fc2.com/tb.php/397-ea5040dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック